デカマラ下の口は欲しがっています

ある日、生島に昼の弁当を作ってくれるよう頼まれた梶原。それは互いにとって互いを想う気持ち…、会話が生まれ互いの身体と想いを行為で確認する。俺の傍らに居て欲しい…。

作者市川和秀
ページ8ページ
カラーモノクロ

1週間何度でも読める
\コミックチャンネル/

1週間何度でも読める
\コミックチャンネル/