涙、そうそう。

涙、そうそう。

幼い頃に家を出た父に思い入れも無く、付き合う男に対しても感情を殺して生きてきた幸宏。リオデジャネイロに転勤になる毅と別れ、一緒に行くはずだった沖縄旅行に母親を連れてきた。母親と旅行先で話すことで幸宏は5年前に亡くなった父親との別れの真実を知り、子供の頃無くした感情を徐々に思い出していく…。

作者菅嶋さとる
ページ30ページ
カラーモノクロ

1週間何度でも読める
\コミックチャンネル/

1週間何度でも読める
\コミックチャンネル/

コミックカテゴリの最新記事