《超デカマラ印》言葉攻めが大好きなSっ気満載の変態銀行員のセックス。

《超デカマラ印》言葉攻めが大好きなSっ気満載の変態銀行員のセックス。

仕事に追われ鬱屈とした毎日。ストレスがたまりにたまり、自分の中の『何か』が切れる音で、欲望が目を覚ます。最初の会話は平日仕様のめがね君。緊張や『いいのか俺…いいのか俺?』という葛藤もあったのでしょう。彼はビクビクしていました。しかし肌が露出していく毎に、無意識の内にいやらしい吐息をたて、徐々に本性を現します。『謙虚である事』という日常のマスクをはぎ捨て、一心不乱に肉にむしゃぶりつきはじめるのです。おちんぽも彼の表層と同期しているようで、あっという間にそれはそれは大きなおちんぽへと変貌します。彼の欲望は溜まりに溜まっていたようで、瞳孔の開いた真っ黒い目をしながら『いやらしいねぇ…いやらしいねぇ…』とつぶやきスケベにデカマラが上手に奥にあたるようにねっとりと力強くピストンします。我慢し続けた男の大きくてぶっといおちんぽから、のびきったゴムの中に大量の精子が注ぎ込まれ、彼はずっとずっと身体をビクンビクンさせていました。オチンポもずっとずっとビクンビクンと…。【この商品はMEN’S NUBOからの委託商品です】

作品数18,000本以上!
\毎週新作が続々追加/

Men's Rush.TVカテゴリの最新記事