ケツイキ(ドライオーガズム)とは

ケツイキ(ドライオーガズム)とは

ここでのケツイキとは、ドライオーガズムのこと。
ドライオーガズムとは、射精を伴わないオーガズムのこと。

つまり射精しないで、ケツの刺激だけでイクことをいいます。

ドライオーガズムに対し、射精を伴うオーガズムをウェットオーガズムと言います。

たまにケツイキ=トコロテンと思っている人もいますが、ケツイキはトコロテンとは違います。
トコロテンはウェットオーガズムに属します。

ケツイキの快感は、トコロテンとは比べ物になりません。
ケツイキは男性が感じる、最大のオーガズムと言われています。

ケツイキの気持ちよさ

筆者はケツイキ経験済みです。
ですがケツイキの快感を文字で伝えるのは難しいです。

ケツイキ経験者が一般的に気持ち良さを伝える表現として

  • 頭の中が真っ白になる。
  • 体も頭も心も全部丸ごと気持ちいい。
  • 絶頂に声を押し殺そうとしても声が漏れる。
  • 快感でエビ反りしたり体が硬直したりする。
  • 快感で気持ちがぶっ飛ぶ。

まるでキメ○クを疑うような表現ですが、本当に上記のように気持ちいいです。
いや、この言葉では全然足りないくらい気持ちいいです。

ケツイキは短時間で、何度も何度も味わうことができます。
ケツイキは始まると自分で止めない限りずっと続きます。

ケツイキ体験者たちの声

ジワーっと快感が近づいて来るのが分かります。
そして次の瞬間とてつもない快感に襲われ、めちゃめちゃ喘ぎまくりました。
今までにない絶頂が体を突き抜け興奮しました。
そしてその快感に身を委ね続けました。
もう体力の限界を感じた時には2時間以上も経っていました。

頭が真っ白になり全身がビクビク震えました。
今まで感じたことのないすごい快感に、頭ではヤバイヤバイと必死に耐えるんだけど、体はその絶頂にあらがえず反応してしまいます。
そして快楽の渦に飲み込まれてしまいました。
しかもその快感は感度が落ちることなく何度も続きます。
何度も絶頂するのは本当にすごい。

びっくりです。
ケツが勝手にヒクヒク反応して、その動きと前立腺の痙攣の感覚が重なって大きな絶頂になりました。
息を止めて歯を食いしばってるんですが、その快楽に抵抗できず声はダダ漏れでした。
その快感に身を任せるとさらに快感が増しました。
ケツイキ中はずっとチンポはギンギンに勃起していて、射精していないのに射精よりも全然気持ちよかったです。

公式のページには、たくさんの体験者の声が載っています。
表現はだいぶ柔らかく修正されていますけど、とにかくエゲツないほどメチャメチャ気持ちいいのは間違い無いです。

あなたもアネロスを使ってケツイキを習得してみよう。

アネロスは… 1

連続ケツイキの絶頂マジでヤバい。
この絶頂を知ったらもう後戻りはできない。
類似品もありますが
本当のケツイキができるのはアネロスだけ。

ケツイキカテゴリの最新記事